拙者親方と申すは

この記事をご覧の内にご存知のお方もござりましょーが 外郎売の文頭を引用したことにお気付きいただけましたでしょうか? 外郎売(ういろううり)とは何ぞや、というそこの貴方には、簡単な説明をば。 300年ほど前に初上演された「若緑勢曾我」という演目の中…

消えたブログに哀悼の意を

きっとそのブログを続けることに価値を失ったのか、あるいは優先順位が変わってしまったのだろう。 僕が読者になっていたブログの中で二件消えていた。(一件は結構前だけれど) お二人とも楽しく読ませてもらってました。 頭の良い人はキレがあるな、と感じた…

一味!山椒!!!七味!!!!!!!

これより下は客観性及び再現性のない、つまり僕以外には何ら役に立たない実験の顛末を記す。 http://www.ncnp.go.jp/press/release.html?no=105 上記リンクはこのブログ記事内において、唯一信頼のおける情報である。 簡単に纏めると、うつ病の人の腸内は、…

下書きに潜む趣味

文章書きたいという欲はあれども、小説という体を成す文章を書く程のやる気もない時にもこのブログは役に立っている。 更にはパッと思い付いたタイトルや話題等も、ブログアプリをメモ帳代わりに使い、下書きへと残している。 さてまぁ、このように乱雑な使…

もちっと髪、短くしたらよかった。

美容師さんの 「こんな感じですけれど、良いですかー?」 リテイクをしたことは僕の人生で一度も無い。 美容師さんの仕事ぶりを否定することになりそうで、気が引けるから。 こうして小さな後悔が心に積もる。窓の縁にホコリが薄っすらと積もるように。悲し…

妄想その1

「ナカモトサトシ氏が見た世界」 「仮想通貨は人を統一し得るか」 こんな感じのキャッチーなタイトルを付けようと一瞬思いましたが、あまりに知識が無いので人を呼び込まないタイトルにしてます。 まぁ大層な話をするわけではなく、単なる思い付きであります…

瞑想のけっかはっぴょー!

さて、先日より始めた瞑想ですが、結果からお話ししますと、形は違えど実にはなった? と言った具合でございます。 まず求めていた結果というのは、所構わず時を選ばず、ひたすらに思索を続けていた脳内ボイスを落ち着けたい、というものでした。 その手段と…

沸いた疑問を切り捨てるナイフ

高野山へ行きましたよ。 そこには多くの魂が弘法大師の御許で眠りについていた。知った戦国武将や近年の経営者の名前もあれば。私の知らない、だけれども、誰かにとって大切だった筈の誰かの名前がある。 そこで生まれた感傷については、また別の機会に書く…

いつかは0と1

長きに渡って不可侵性のベールを保ってきた意識というものも、脳をインターネットに直接繋ぐことが出来る技術が発表された今、ベールが剥がされることが容易に想像できるだろう。 自分の意識だけは何よりも信頼できると多くの人が考えている現代的思考は、0…

テンション上がった

テンションが下がる時より、上がる時の方が泣きそうになるのでマズかったけれど、なんとか耐えてきた。 嘘とカメレオンさん、ほんっとカッコよかったなぁ! 梅田の散歩するか迷うけど、このまま帰ろう。 以上、それだけでーした。

嘘とカメレオンさん見に行くぞー╰(*゚x゚​*)╯

本日大阪梅田にて、タワーレコードで当て振りライブ?とやらをするらしいのである。 ライブとか行けないタイプの私にとって、リアルで見るにはこういう誰でも行ける場所でないとダメなのである。 うへへ、楽しみ。メンバー全員カッコエエのじゃ〜。 CDも良か…

祭りとは何ぞや?

今の場所に越してから約一年半か、大満足な我が家であるが、唯一無二の不満点がある。 それは今の時期になると祭りの音、というか神輿を担いで騒ぎ始めることだ。神社などで行われる祭りは風情があり好きなものなのだが、神輿担いでその辺の道をわっしょいわ…

眠る海月と眠らない太陽

どうも、対比する言葉を並べれば、良さげな雰囲気を醸し出せると考えている人こと私です。 とは言え、結構良いタイトルではないでしょうか? 私は好きです。 閑話休題、私の話したいことは以下にあるのです。 http://gigazine.net/news/20170922-why-we-slee…

マズイ!手荒れの季節よ!

ある年から寒い時期には必ず手が荒れてしまうようになってしまったのである。 大概、手が荒れてからケアを始めるため、文字通り手遅れになるわけだ。 ということで今年は今の時期からケアするようしますぞー。 はい、これがいわゆる備忘録。 終わり。

嘘っぱちの風景

僕が見えているものを疑う時が二つある。 一つは嫌なことがあった時。一つは遠くを見る時。 前者は単なる逃げの一手であり、自衛本能に満ちた現実に対する拒否反応。言うことはなぁんにもない。 後者は、もう少し言葉を付け足そう。遠くを見た時、突然視界が…

右クリック→ゴミ箱を空にする

Windowsを使った事のある方なら、一度くらいはこのシークエンスを辿ったことがあるだろう。とは言え、パソコンに触ったことが無い人もいるだろうから、簡単に説明をすると部屋に纏めたゴミを外に捨てに行くような作業が表題となる。 しかし捨てたゴミデータ…

応募用の小説かき揚げ~

あえての誤字そのままにしてみた。美味しそう。 短編で、なおかつ難しい内容じゃない限りは、結構早く書けるものだねぇ。 プロット作りに約二時間。本編書くのに約五時間。文字数にして5000文字の原稿用紙にして、6枚。私としては上出来かな。 いーっつ…

過去から届いた呪い

まぁ大分長い間を経て顕在化した呪いというのが、キャラクター性の否定というものだ。 私は昔、物語において必要なのは物語の構図、物語のギミック、表現力であるとやけに偏重していた。特に否定していたのはキャラクター性。 そんなものは物語において重要…

瞑想中

比喩表現としての瞑想などではなく、本物の瞑想に挑戦しております。 何故かというと、独り言が目に余る程になっているからですね。表に出る独り言ではなく、脳内でひたすら流れる思考のことです。 もう少し静かにしてくれないと、何というか脳が疲れそうな…

いつの日か自分を写した向日葵の死

いつまでも太陽を見ることは無かった向日葵は、ついにそのまま枯れてしまった。 明るすぎる太陽は暗い自分には見る資格が無いと思っていたのか。はたまた頭でっかちな彼はその重みについに勝てなかったのか。 でも、彼の死は種という生を同時に意味していた…

(・J・)

有名シリーズのスターウォーズの最新作の監督にJ・J・エイブラムス氏が選ばれたらしい。 まぁスターウォーズシリーズにはあまり興味が無いのだけれど 監督の名前の中に入ってる顔文字と本人が微妙に似てて笑ったってお話。 しかし今からでもスターウォーズシ…

厨二病に血は付き物 by元吸血鬼

僕は吸血鬼の血を受け継ぐ高貴な存在である。だから色白で綺麗な肌と顔を持ち、犬歯も人と比べて発達しているのだよ。 あいでんててー確立していない当時は本気でそんなことを考えていた。 小さな怪我をして、血が出た時なんかはもうキャラ設定の使い所で 「…

情感極まる文章

感動を覚える文章を久々に読んだ。 まるで優しく隣に寄り添うような、ふわりとした文章。誰も誰をも傷付けない文章で人の心を震わすことは難しいと考えていたけれど、易々とそんな浅い考えを超えていかれた。 特別な言葉もギミックも無い。それでも私には真…

切り捨て御免

考え込んでもわからないであろうことは切り捨てる。もし自分が水槽の中の脳みそであったとしても、そうであることは証明できないから、私は唯物論に則り頭蓋骨の中の脳みそを自分と規定している。 しかし困ったことがある。時々訪れる、思考に霧がかかったよ…

進化。退化。未来ーーー

尾てい骨はあれど尻尾は無い。退化したことこそが人の進化の表れである。人間の体には現在進行形で退化していっている場所がいくつかあると聞く。 足の小指も同様らしい。例えば地面に一本の長い直線があるとしよう。足元を見ないようしてもらいながら、直線…

運の形

昨晩のこと。彼女とテレビを見ながら話していた内容です。 「運ってあるの?」彼女はそう言った。 僕はあるんじゃないかなと答えた。 その時の例え話が個人的に気に入ったので、ここに書く。YES自画自賛。 ーーーーーーここから彼女に話したことーーーーーー…

嘘とカメレオンCD届いたヤッター

江戸幕府の創設が1604年。そこから264年間、創設前後と解散前後を除いた時期を好んで仕方がない人はどれ程いるのだろうか? 物事の開始と終了に茶飯事な騒乱というのは、とかく人の心を惹きつけるものがあるが、対して安寧秩序の状況というのは比較すると人…

知るという快楽

体の最も天に近い場所にピンク色の知性を掲げる我らは人間。天照大御神が太陽として空に顕現するように、大いなる物質というのはとかく高く高くに配するのだろう。 そう考えると私のような低俗低能の者、脳を頭に置くなど頭が高い、膝頭にでも移し替えますね…

アリと木の関係が極めてヤンデレってて妄想が捗る件

http://gioco.sytes.net/catfather.htm 上記のリンクを簡単に纏めると、 栄養の無い場所にアリが種を植えて、アリが植物を育てる内に実った種子の中に巣を作るという話だ。 これは……ヤンデレ率97%over! 非常に良いヤンデレ感を放っております。なぁにがヤン…

おひとりさんで

独身でいる人をおひとりさんと呼ぶが、一人でいるのにおひと離散とは、何ぞやと言葉遊びをしてるところだ。最小単位たる独身を離散させるなんてとんでもない。 しかしてしかし、こんな言葉遊びが不意に私の悩みと合致するから不思議や不可思議。 その悩みと…