22年目の告白 私が殺人犯です 感想

ネタバレありのため、間違って辿り着いた人、見ないように。

 

複雑に絡み合った謎により、見る人の首を締め上げていくのである。

さて、映画を観終わった時。最後のシーンに私は解放されたのだろうか。被害者遺族の苦しみは22年間続いた。その幕切れに正しいも間違いも無い。

 

仕方ないじゃないか。

誰もが縛られていた。

事件の記憶に。戦場の記憶に。

 

この話の面白みの集約される部分は、ある一点になると考えている。というよりも面白さの起点も言うべきか。

それこそ22年目の告白の暴かれる時である。あのニューススタジオに重要な役者の全てが出揃っていたことを思い返す度に心が痺れるのだ。

しかもその場では、真犯人が居るようで居ないように感じさせていることもミソである。

更にあの場で流されたスナッフビデオから時効が切れていないということに繋がっていく話の流れも面白い。

 

センセーショナルな導入が見所かと思わせて、その実あのニューススタジオに重要人物が集められたシーンが個人的には最も心震わされるシーンであった。

 

終わり。